山口・大内御掘・菅内 有料老人ホームきんもくせい

その人らしさを大切にする介護福祉サービスをご提供します

皆様、ジョハリの窓をご存知でしょうか?

ジョハリの窓とは

自己には「公開された自己」と「隠された自己」があると共に、「自分は気がついていないものの、他人からは見られている自己」や「誰からもまだ知られていない自己」もあると考えられる。

これらを障子の格子のように図解し、格子をその四角の枠に固定されていないものとして、格子のみ移動しながら考えると、誰からもまだ知られていない自己が小さくなれば、それはフィードバックされているという事であるし、公開された自己が大きくなれば、それは自己開示が進んでいるととる事が出来るだろう。

コミュニケーション心理学や健康心理学などでは、よく話題になるモデルである。

by wiki



このジョハリの窓はコミュニケーションを円滑にし、それを通して
自分自身を知る心理学モデルです。

自分自身も知っていて、他人も知っている自分=開放された窓を大きくすることによって
周囲の人との距離が縮まります。
初対面の人とはなんとなくぎこちない関係でも
相手を知ることによって(開放された窓の拡大)だんだんコミュニケーションが円滑にとれるようになります

我々きんもくせいのスタッフは皆様に対して開かれた窓を拡大したいと思っています。
こちらのブログを通して皆様にきんもくせいってこんなところなんだ
こんなことをやっているんだ、と知っていただけたらな・・・と思っています。

改めまして、今回よりきんもくせいのブログに参加させていただきます
中馬(ちゅうまん)と申します。
皆様のきんもくせいへの開かれた窓拡大のお手伝いをしたい
どうぞ、よろしくお願いします。

 

カテゴリー:
カテゴリー:

もっと読む

カテゴリー:

もっと読む